パゴ・デ・カラオベハスのマリアージュ

DOリベラ・デル・ドゥエロ、トップクラスのワイナリー、パゴ・デ・カラオベハスの見学は、お食事もしっかり楽しめます。レストランが母体にあるワイナ リーならではの、ワインとのマリアージュ。最初の白と赤は醸造設備の中で、最後の4杯はゆっくり座って頂けますので、このお料理にはこちらのワインも合う ななどワイワイ意見交換も興味深いかもしれません。

DSC02402
若飲みタイプの白ワイン「Quinta Luna」には、アボカドとツナのサラダ、パプリカをのせて。

DSC02420
セゴビアのレストラン「ホセ・マリア」のハウスワイン「Autor」には、卵黄+パンチェッタ+米粉のクラッカーを合わせて。

DSC02453
フラッグシップワイン「Pago de Carraovejas Crianza」には、野ウサギとレンズマメの煮込み。

DSC02460
100年を超える樹齢のベルデホを使った「Ossian」には、鳩のマッシュポテト添え。

DSC02423
フードルで醸した深みのある「El Anejon」には、パゴ・デ・カラオベハスをここまでにした立役者のコチニージョ。(子豚の丸焼き)

DSC02431
ベルデホのデザートワイン「Verling」には、子どもの頃のなつかしいチョコパンを思わせる、カカオ75%のチョコレートを入れたクラッカー。オリーブオイルを添えて。

次の記事

リオハ