エノツリスモ-ワインが生まれた場所に行こう。

エノツリスモとは、ワイン観光という意味のスペイン語です。 ご予約から、オーダーメイドな旅程の計画、当日のご案内まで、すべて日本語で行いますので、安心してワイナリーツアーをお楽しみ頂けます。

ガストロノミーツアー

炭火焼きの漁師町、ゲタリア

2017/01/17

Jpeg

バスク地方、サン・セバスティアンから海に沿って西に30分ほど車で行ったところにゲタリアという漁師町があります。昔から漁師は釣った魚を炭で焼いて、船の上で食べていました。船を下りて、釣った魚を同じように炭火焼きにして家族や友人と食べているところを外から来た人たちが自分たちも同じものを食べたいと言い出して、そんな理由で炭火焼きのレストランが出来てきたのだそうです。

Jpeg

最近、ビオディナミという月の満ち欠けを大切にする農法が、ワイン作りではとても注目されています。しかし、漁師は月の満ち欠けと潮の満ち引きと魚の動きの関係を、とても昔から経験として知っていました。季節によってどんな魚がやってくるか、産卵前後の味の変化、暑い年と寒い年の魚の種類の違い。そして、岩場と砂場、海草が多いところ少ないところによって魚の味や脂の乗り方が違うこと。まさに「海のテロワール」。

Jpeg

ゲタリアのレストランは、そんな古代から脈々と引き継がれた漁師の智惠とレシピを堪能できます。エノツリスモでもご案内できます。ぜひぜひ。

-ガストロノミーツアー