エノツリスモ-ワインが生まれた場所に行こう。

エノツリスモとは、ワイン観光という意味のスペイン語です。 ご予約から、オーダーメイドな旅程の計画、当日のご案内まで、すべて日本語で行いますので、安心してワイナリーツアーをお楽しみ頂けます。

ニュース

テンプラニーリョのフルーツビール

2018/01/19


ブルゴス県のモラディージョ・デ・ロア村は標高が1000メートル近く、ベガ・シシリア社やプロトス社、ルイス・カーニャ社など錚々たるワイナリーが購入する、高品質なブドウが栽培されています。ブドウ栽培の歴史は長く、丘の中腹には何十という個人地下セラーがあります。


ローマ式醸造設備が残っている大規模なところもあり、自然派ワインで有名なアルフレッド・マエストロを中心に「村のワイン」を醸造販売して、その利益で地下セラーのリフォームをし、ワインツーリズムで村を盛り上げよう!という小さいけれども着実な活動をしています。


全国紙やテレビも取材に来ました。


2017年9月に、村役場のNacho RincónさんとCerveza Micaのオーナー、Juan Cereijoさんが村でクラフトビールの試飲会をしていたとき、モラディージョ・デ・ロア村の素晴らしいブドウでフルーツビールを作ろうではないか!というアイデアが生まれ、リリースされたのがテンプラニーリョのビール、エル・コタロ(山の中腹、という意味)。

小さな村のワインツーリズムプロジェクト、見にいらっしゃいませんか?

 

-ニュース
-, , , ,