ワインを、造り手を、より身近に。


新型コロナで様々な影響が出ていますが、、ヨーロッパでもどんどん症例が増えています。
日本では特に人が集まる機会を避けて、という流れがありますが、大きなイベントや多くの不特定多数の人が集まる場所は避けるにしても、少人数で知っている人同士で食事を楽しんだり、飲んだりする機会まで全て自粛する必要はないように思います。こんな時だからこそ、適切な対処をしつつ、冷静に事態を見、冷静に怖がる、ことが大事なんだろうな、と思います。

そうは言っても、学校は休校になって子供が家にいたり、など、外で飲んだり食べたりする機会より、おうちご飯が増えている環境なんだと思います。
だからこそ、心が身体が満たされる美味しいご飯とお酒!楽しみたいですね!

エノツリスモなので、お酒といえば、ワインです。笑
ただ美味しいワインを飲むのも楽しいですが、飲む時に、そのワインが生まれた造り手の顔、言葉、風景、地元の料理、文化、歴史、色んなことを思い出しながら、イメージが湧きながら楽しむことってやっぱり魅力です。そうした色んな要素が液体の中に感じられるのがワインだからです。
ワインは文化。
ワインを造る人たちの中には文化的・精神的レベルが高い、人間味溢れる魅力的な人がたくさんいます。

ワインを、造り手をより身近に。
食材も全てがそうなように、造り手の顔が見える良い商品を応援したいですね。

色んな産地を巡って、造り手と交流、楽しんでいきましょう!