ラ・マンチャ ディープなスペイン

スペインのど真ん中に広がるメセタ台地。
まっすぐ伸びる道路が延々と続き、地平線まで見渡せる、平らな地。
台地なので 600〜800m と標高は高く、大陸性気候で冬は極寒、夏は酷暑、厳しい気候です。
植物が水分を必要とする夏に雨がほとんど降らず、ラ・マンチャでは昔から
「4ヶ月の冬と8ヶ月の地獄」
と言われるほど厳しい地方です。
そんな中でもブドウはしっかり根を張って、力強く生きています!
水分を効率よく吸収するため、世界のどこの産地でも見たことないくらい低く剪定され、地面に這いつくばっているような株仕立てのブドウ樹の畑がラ・マンチャのトレードマークです。
首都マドリッドからすぐ南で近いとは言え、公共の交通機関は限られ、車でしか行けない場所も多く、これぞディープ過ぎるスペイン!を体験できます。
安いワインがイメージのラ・マンチャですが、こだわった小さな造り手もちゃんといます。

ディープ過ぎるスペイン、体験してみませんか!

次の記事

感染症危険情報レベル