エノツリスモ-ワインが生まれた場所に行こう。

エノツリスモとは、ワイン観光という意味のスペイン語です。 ご予約から、オーダーメイドな旅程の計画、当日のご案内まで、すべて日本語で行いますので、安心してワイナリーツアーをお楽しみ頂けます。

カバ

  D.O. Cava インフォメーション


-原産地呼称統制委員会創立: 1972 年(前身は1959年)

-主要ブドウ品種
白:Xarel.lo、 Macabeo、 Parellada、 Chardonnay
黒: Garnacha、 Monastrell、Trepat、Pinot Noir

-栽培面積:32.913 ha

-平均年間降水量

-気候:全体の95%が生産されるペネデス地方は地中海性気候。全体的に温暖で気温の温度差が緩やかですが、海沿いのから標高700mほどの地まで広大に広がる産地で、気候も多様。

-土壌:全体の95%が生産されるペネデス地方は、沿岸部では砂地で、高度が上にいくほど石灰岩が多くなり、全体に水はけのよい土壌。

-ワイナリー数:245

-歴史や特徴:シャンパーニュ製法で造られる高品質ワイン「カバ」の産地です。ペネデス、アラゴン、リオハ、バレンシア、エクストレマドゥーラと唯一、原産地が1つに限られていない呼称です。ただ、全体の95%はペネデスで生産されています。19 世紀末にカタルーニャ州ペネデスのいくつかの生産者がシャンパーニュ製法を研究し、地下蔵の意味をもつ「カバ」を造り始めたことが始まりです。現在、カバの年間販売量は約2億本と、スパークリングワイン産業の規模としては、フランスに次いで世界第2位を占めています。大規模生産者が中心となり、コストパフォーマンスの高いリーズナブルなカバが造られていますが、それぞれのスタイルを反映した個性と高い品質にこだわる小中規模生産者も増え、近年カバのスタイルも多様化しています。また、DOカバに属さずに個性あるシャンパーニュ製法のスパークリングワインを造る生産者もいます。

-郷土料理やグルメ:全体の95%が生産されるペネデスでは、この地に昔から育てられている家禽・野禽類が有名です。胴体が黒く頭の先からくちばしが赤色をした pato mudo という鴨や地鶏の黒鶏 Gall Negre del Penedès など。また、アーモンドベースのソースに鱈やアンチョビをあしらったサラダ Xatòや、スペイン固有品種のアーモンド Marcona を使ったお菓子 Catanias なども。

訪問可能ワイナリー

【カタルーニャ州ペネデス】
◆ Agustí Torrelló Mata
Cava Josep M. Ferret Guasch(カバ・ジョセップ・マリア・フェレット・グァスク)- 電車で行く半日ツアー
◆ Cava Mestres
◆ Cavas Gramona
◆ Juvé y Camps
◆ Llopart
Parés Baltà(パレス・バルタ) - 車で行く半日ツアー
Recaredo(レカレド) - 車 or 電車で行く半日ツアー

【カタルーニャ州アレーリャ】
◆ Alta Alella

【バレンシア州】
◆ Pago de Tharsys

【DOカバ以外のシャンパーニュ製法スパークリングワイン生産者】
Clos Lentiscus(クロス・レンティスクス) - 車で行く半日ツアー
◆ Colet

宿泊施設

レストラン

Cal Ton (カル・トン)- Vilafranca del Penedès (ビラフランカ・デル・ペネデス)
La Cava d'en Sergi (ラ・カバ・ダン・セルジ) - Sant Sadruní d'Anoia (サン・サドゥルニ・ダノイア)
L'Ànima Bistrot (ラニマ・ビストロ) - Vilanova i la Geltrú (ビラノバ・イ・ラ・ジェルトゥル)
La Posada (ラ・ポサダ)- Sant Pere Molanta (サン・ペラ・モランタ)

周辺の観光地

2017/02/26